*

修羅の国と呼ぶ前に

公開日: : 雑記

週末、北九州を旅した。

福岡空港から博多に入り、玄界灘の魚を堪能して小倉方面に抜ける緩やかな一人旅。

 

帰路は北九州空港からの飛行機を確保していたのだが、中途半端に時間が余ってしまい気まぐれにローカル線を乗り継いで空港を目指してみた。

 

どうやら最寄り駅は『朽網』というところらしいので、無計画にそこまで。

 

着けば何かあるだろうと思ったのだが、甘かった。

ただの住宅街だった。観光客が拠り所とすべきものなど見当たらない。

 

予定のバスはまだ一時間も先。

途方に暮れながらあてどなく国道沿いを歩くと、『温泉』という看板が見えてきた。

中の様子はまったく窺えなかったがこのまま放浪する気力もなく、ままよ、と中へ。

 

男湯の引き戸を開けるや、後悔が押し寄せる。意外なほど混雑していて外様には視線が痛い。

 

どうやらここは地域のご老人たちが憩いの場として使っているようだ。

 

ビクビクしながら身体を洗って湯船に向かい、人と人との僅かな隙間に収まると、おもむろに隣の老人が呟いた。

 

「さっきまで吹雪いてたのに、すっかり晴れたねえ」

 

最初、自分以外の誰かに話しかけたのだと思って黙っていたが、一向に返答がきこえてこない。

 

恐る恐る首を捻り、声のした方を見る。

 

老人は温泉の恩恵か肌つやの良い頬を大きく持ち上げ、僕に微笑みかけてくれた。

 

「今日は仕事休みかい?」

 

「あ、いえ。実は旅行の途中で……」

 

そう答えると、どこから来たの? 生まれは?

摂津知ってる?(秋田出身と答えたからだろう)

 

矢継ぎ早に質問をして下さり、その都度回りの老人たちにも「この人旅行なんだって。今東京で、秋田の生まれなんだって」と、説明して下さる。

 

気付けば僕は何人ものおじいさんたちに見つめられ、物珍しげな笑顔に囲まれていた。

 

出立の直前、思いがけぬ温かな交流に名残惜しさが膨らむ。

もう一泊、ただの住宅街であるこの街のどこかに泊まれやしないものだろうかなんて、妙な考えに苛まれてしまったほどだった。

 

 

ときおり僕らは、文字だけの情報に躍らされて福岡を『修羅の国』なんて呼んでしまったりする。

 

でも改めて思う。外側に暮らす人間が、その地の本質、その地で暮らす人々の何を知っているものだろうかと。

 

少なくとも今回の旅行で、僕は優しく温かな人たちとしか顔を合わせることがなかった。

 

はたして本当に、福岡には修羅が宿るような棘が存在するのか、僕にはもうわからない。

 

ただ、ひとつ。

漠然とネットの海から拾った言葉の切れ端で福岡という地に偏見を持っている人が居たとしたら、旅人としての僕からどうしても伝えておきたいことがある。

 

 

どうかみんな、これだけは知っていて欲しい。

 

 

福岡には、殺人担々麺がある。

 

img_1861.jpg

 

とりあえず完食してみたが、今のところまだ生きている。

 

img_1862.jpg

img_1863.jpg

 

 

これを踏まえて今一度問いたい。

 

本当に福岡は修羅の国なのか。

 

未だ判断に迷う、という人も居るかもしれない。

だからここでもう一つ、僕から伝えておきたいことがある。

 

福岡には、ころしのカレーもある。

img_1878.jpg

 

こちらも完食したが、数日経ってもとりあえずまだ生きている。

 

img_1877.jpg

 

 

ここに残した言霊が、福岡に対する先入観を少しでも払拭するものとなってくれるよう願ってやまない。

スポンサーリンク

関連記事

電撃文庫秋の祭典2014 ステージ&サイン会応募は9/1 12:00まで!

ご来場予定の方はお忘れなく〜!   開催日は10/5。  

記事を読む

ローザミスティカ

今日ね、買いに行ったんですよ。   ローザミスティカ。  

記事を読む

謹賀新年。

あけましておめでとうございます。   昨年は大変お世話になりました。 今

記事を読む

出張中でした。

ちょいと輝きの向こう側まで。   感動した。パワー頂いた。 がんばろ、う

記事を読む

濾過。

2日まではのんびり。 本日より箱根駅伝のパワーを借りてまずはジョギング再開。 ここからい

記事を読む

ボカロオリジナル曲『サマーキャンディ』MIX再調整してみました

いろいろバランスが変だったところを修正。 これで少しは聴きやすくなった……かな? &nb

記事を読む

とにかくやれるだけ

書いてみればどうか。 行為の目的化も時としてよいのではないか。 文字書きガチャ的な。回せば出

記事を読む

すみだ水族館に行ってみました。

絶賛お仕事ヤバい期間中ではあるのですが、どうにも家で作業をし続けていると脳がカチコチしてくるので、シ

記事を読む

秋田の田舎少年だった蒼山氏がいかにしてバンド熱をこじらせ、そこからどう道を間違えて『天使の3P!』を書くに至ったのか、という話(後編)

・前編(1回目)はこちら ・後編(2回目)はこちら    

記事を読む

深層筋マッサージでだいぶ肩こりがマシになった話、とか。

ブログ移転の目的として、積極的に活動報告をすることで日々の仕事をサボりすぎないよう自律すべし、という

記事を読む

Comment

  1. shimizu..(蟹の中の人) より:

    ころしのカレーって、、、
    店主の命名センスが最高ですねww
    ドラクエの敵で出てきそう、黄色いはぐれメタルな形で.

    最近ついったー始めましたが、
    ロウきゅーぶ!の話に参加できなかったのが残念!
    時既に時間切れ…

  2. 蒼山サグ より:

    面白い店名だと気になってしまいますよね・・・(笑)

    お返事たいへん遅くなり申し訳ありません!
    これからもぜひぜひよろしくお願いいたします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

広告

明日のオフ会イベントに関しまして

9/7ゴスロリ卓球発売記念で企画いたしましたオフ会イベント、お陰様で予

新作『ゴスロリ卓球』9月7日発売&当日オフ会イベントのお知らせ

ブログでは大変ご無沙汰しています。もう何度目やねん。 心を入れ替

日報10・雨に上れば

わけあって上京。   途中、守谷SAにて2500

日報9・連番式にしておけばサボってもバレない

わけはない。   いやー日記続きませんね。

日報8・陽はまたのぼり繰り返していく

とても大切な日の後に、全く種類の違う大切に出会ってしまうような人生の巡

→もっと見る

PAGE TOP ↑