*

4DXキッス

公開日: : 雑記

新劇場版『頭文字D L3』にて4dxを初体験してきた。

img_1847.jpg

映画自体はもともと見る気満々だったのだが、このタイトルを4DX初体験のスクリーンとして選んだ理由は『上映時間が比較的短い作品であったから』というのが正直なところだったりする。

 

ぶっちゃけ私、恥ずかしながらそこまで『揺れ』に強くないのである。

だからもしかすると2時間超とかの映画の場合途中で酔ったり、はたまた内臓の事情で化粧室に駆け込みたくなる事案が発生するかもしれない。

そうなったとき、はたして周りに迷惑をかけず席を立てる環境なのかわからないので怖い。

 

そんな懸念に包まれていたせいで、なかなか他の映画では踏ん切りがつかなかった。

 

というわけでこのタイトルが最高の後押しとなってくれたわけだが、忌憚なき感想として4dxのエンタメ性は、未体験で人生を終えるにはあまりにも勿体なさすぎる!と確信させてくれるだけのパワーを秘めていた。

  

このシステムが映画を次のエンターテインメントに進化させた、とまで断言して差し支えないと思う。

未体験の方はぜひ踏み込んでみるべし。

 

ただ、これは凄さの裏返しでもあるのだけど、スクリーンの迫力も相まってもしかしたら下手なジェットコースターより怖いのではないかというレベルの臨場感なので、絶叫系全くダメという方はやめておいた方がいいかもしれない。

 

さて、そんなわけで初体験の4dxを心から堪能してきた私であるが。

 

実は視聴前、一つだけとても気になっていた事案があった。

 

それは事前に見たインタビュー記事で、宮野真守さんが『頭文字D、L3ではキスシーンがあります』と語っていたことに起因している。

 

http://www.animate.tv/news/details.php?id=1454766154

 

といっても私が宮野真守さんに対する感情が強すぎて、キスシーンに耐えられない……! という意味ではない。ちゃうねんほんと。いやほんと。

 

何が気になっていたかというと冒頭からトピックにしてる4dxに絡んだ部分で、である。

 

 

インタビュー記事を拝見してから妙に引っかかって仕方なかった。

 

ああ、キスシーンか。

 

さて、はたしてキスシーンでも、4dx使うのかな、と。

 

この問題、4dx演出スタッフの方たちもかなり迷ったのではないかと思うのだ。

 

きっとこんな企画会議が行われたのではないかと、想像が膨らんで仕方ない。

 

スタッフA『イニDの4dxなんですけど、キスシーンの演出どうしましょう?』

 

スタッフB『そりゃせっかくの五感に訴えかけるシステムなんだし』

 

C『なんかやりますか。揺らしますか』

 

A『キスシーンで揺れってギャグ感強すぎません?』

 

B「じゃあ、水出しとく?」

 

C『そういうキスじゃないでしょ! めっちゃピュアで真面目なキスでしょ!』

 

A『まあねえ。やっぱいいシーンだけに無駄に4dxで演出することもないか……』

 

B「でもなにもしないのも怠慢感ないかなー?』

 

 

みたいな打ち合わせが繰り広げられたに違いない。たぶん。

 

 

で、以下ネタバレなのだが。

 

 

 

結論を言うと、当該のキスシーンに合わせて、『プッシャアアアアア!!!!』という盛大な噴出音と共に、フローラルな香りが劇場に一斉散布されたのだ。

 

 

 

 

 

反則だろこれ。おもしろすぎだろ。

 

 

 

一人で爆笑しそうになったが周りは静かだったので必死に堪えた。

 

 

改めて、シアターで見る映画が次世代のエンターテインメントへと移行しつつある。と、確信させられる一幕であった。複合的な意味で。

 

最後にもう一度書いておくが、頭文字D新劇場版自体が4dxを別にしても素晴らしい作品なのでみなさま観に行かれたし。

 

個人的にさらなる続編を期待して止まない。

スポンサーリンク

関連記事

オリジナルボカロ曲を公開しました。

【ニコニコ動画】【IA ROCKS】サマーキャンディ【オリジナル】 イギリスで見た空が印象的で、帰

記事を読む

秋田の田舎少年だった蒼山氏がいかにしてバンド熱をこじらせ、そこからどう道を間違えて『天使の3P!』を書くに至ったのか、という話(前編)

・中編(2回目)はこちら ・後編(3回目)はこちら   別に今年新成人を

記事を読む

ビル風を縫って、優しい嘘は巡る。

いつもの散歩の合間、戸越公園へ。     中心の池は、

記事を読む

プロテインの割材に使う無調整豆乳の話、とか。

もはや何のブログなんだか。   表題はいったん置いておいて、定期的に記事を書く

記事を読む

執筆ツールとしてSurface Pro 3がかなりいい感じというお話、とか。

なんとか今月のお仕事の一番大きな山場を越えました。   しかしこいつに苦戦しま

記事を読む

抱負。

  歩いて探す。 こまめにセーブする(文字と写真で)。 酔うため

記事を読む

修羅の国と呼ぶ前に

週末、北九州を旅した。 福岡空港から博多に入り、玄界灘の魚を堪能して小倉方面に抜ける緩やかな一

記事を読む

シーバスの謎

以前ふらっと酒屋に立ち寄った折、ブレンデッドスコッチの棚を何気なく眺めていると一本のボトルに強く好奇

記事を読む

蒼山サグ、個人ページリニューアルしました

以後、リリース情報や活動記録などはすべてこちらのURLにて更新致しますので、よろしければブックマーク

記事を読む

濾過。

2日まではのんびり。 本日より箱根駅伝のパワーを借りてまずはジョギング再開。 ここからい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

広告

日報10・雨に上れば

わけあって上京。   途中、守谷SAにて2500

日報9・連番式にしておけばサボってもバレない

わけはない。   いやー日記続きませんね。

日報8・陽はまたのぼり繰り返していく

とても大切な日の後に、全く種類の違う大切に出会ってしまうような人生の巡

日報7・簡単には書けないこともある

昨日の話はまた改めて。   悲しまずに別れられる

日報6・哀愁なら、2月4日に置いてきた

今日も今日とて原稿と格闘。   あまり明日を意識

→もっと見る

PAGE TOP ↑