*

すみだ水族館に行ってみました。

公開日: : 雑記

絶賛お仕事ヤバい期間中ではあるのですが、どうにも家で作業をし続けていると脳がカチコチしてくるので、ショック療法的に外へ飛び出してしまいました。

 

魚は釣るのも食べるのも好きですが見るのも大好きなんです。

[adsense]

 

30分くらい歩いて、目に付いたカフェに入って決めたノルマ分書いて、また歩いて、カフェに入って……を繰り返しつつ自宅から徒歩でスカイツリーへ。

 

うむ、この書き方めっちゃアリです。

軽く身体動かした方がかえって精神的には疲れを感じないし、集中力も増して結果的に生産力UPとなった一日でした(まだ書きますけどね!)。

 

てことで軽く潜入レポ。

 

DSC00444

エントランス。既に良い雰囲気。

 

DSC00448

なんでこんな名前付けちゃったんだシリーズ。

 

DSC00449

 

エク……レア……?(わからないでもないけどw)

 

DSC00453

師匠! ダイオウグソクムシ師匠じゃないか! いかめしい……!

 

DSC00447

奇蹟的にわりとうまく撮れたクラゲ。

噂には聞いていましたが水族館の写真って死ぬほど難しいですね……。

競馬写真より沼が深いという説も納得です。

いろいろ設定試したりもしましたがすぐに心が折れてカメラ任せですw プレミアムオート万歳。

 

DSC00467

蓄ペ……かわいいペンギンさん!

 

 

DSC00469

アップで。

 

DSC00455

 

小笠原諸島の海底モチーフ。そりゃこんなとこにジグ投げたら根がかりするわ……(歪んだ観点)

 

DSC00477

根魚。なるほど根に付いてる。釣りの勉強にもなりますね(歪んだ視点)

 

DSC00476

ムード満天なトンネル。

 

DSC00459

そしてこの水族館の目玉、チンアナゴ!

なによりこの子たちが見たかったんですよ。

 

DSC00484

はーかわゆい。

 

もう何十年ぶりかも覚えてないほど久々の訪問でしたが、良いですね〜水族館。

まだ他にも都内で行ってみたいところがたくさん有るし、旅のついでの目的にするのもアリなので今後ちょこちょこ巡ってみようかなと熱が高まっています。

 

【すみだ水族館】

http://www.sumida-aquarium.com/

スポンサーリンク

関連記事

ロウきゅーぶ!コミック8巻&は〜ふたいむ2巻!

ちょいと夏休み最後の宿題に時間がかかってまして旅行写真の整理もできてませんが、とりいそぎコミック版発

記事を読む

天使の3P!×4表紙絵公開!

こちらでご確認ください! http://dengekibunko.dengeki.com/ne

記事を読む

シーバスの謎

以前ふらっと酒屋に立ち寄った折、ブレンデッドスコッチの棚を何気なく眺めていると一本のボトルに強く好奇

記事を読む

暮れているうちに

来年こそは、みたいな意気込みだとまたすぐどうせ息切れするので何も考えず更新してみる。 面白みも

記事を読む

蒼山サグ、個人ページリニューアルしました

以後、リリース情報や活動記録などはすべてこちらのURLにて更新致しますので、よろしければブックマーク

記事を読む

電撃文庫 FIGHTING CLIMAXコンシューマ版の発売日が決定!

せっかくブログ新しくしたので積極的に書いていこう。 電撃FCのコンシューマ版発売日が2014/

記事を読む

スマホから

更新テスト。   来年こそいっぱいブログ書くんや! とか思ったけど来年ま

記事を読む

今さらシアトリズムFFにハマっているお話、とか。

今日も原稿作業。 とりあえずひとつ終わりが見えてきた。 最後の最後に苦手なところを残して

記事を読む

ツッコミ。

最近なのですが妙に対人戦でツッコんでいて。   そういうキャラちゃうんかった気

記事を読む

深層筋マッサージでだいぶ肩こりがマシになった話、とか。

ブログ移転の目的として、積極的に活動報告をすることで日々の仕事をサボりすぎないよう自律すべし、という

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

広告

日報10・雨に上れば

わけあって上京。   途中、守谷SAにて2500

日報9・連番式にしておけばサボってもバレない

わけはない。   いやー日記続きませんね。

日報8・陽はまたのぼり繰り返していく

とても大切な日の後に、全く種類の違う大切に出会ってしまうような人生の巡

日報7・簡単には書けないこともある

昨日の話はまた改めて。   悲しまずに別れられる

日報6・哀愁なら、2月4日に置いてきた

今日も今日とて原稿と格闘。   あまり明日を意識

→もっと見る

PAGE TOP ↑