*

【第150回天皇賞(秋)】3歳世代代表のイスラボニータと、古馬有力勢との激突

公開日: : 競馬

いよいよ明日は伝統の一戦、秋の天皇賞。
数えること、今年でちょうど150回目のレースとなるようです。

そんな節目の年に相応しく、まさに群雄割拠といった好メンバーが顔を揃えましたね~。

[adsense]

当然ながらこれでも凱旋門賞組は不在なので、現役馬全体の層の厚さが窺えます。

そんなハイレベルな相手に、はたして3歳馬イスラボニータは世代代表として力を示すことができるか。

それが今回の焦点となりそうです。

 

個人的には、この後の天気がわりと大きな鍵を握っているのではないかなと。

イスラボニータは現状まだ良馬場でしか走ったことがありませんが、ここまでのベストパフォーマンスは中山競馬場で行われた皐月賞という感じがしますし、極限のスピード勝負よりある程度パワーが求められる条件の方がいっそう力を発揮できる予感です。

なので、もしこのまま天候が回復しないようであればイスラボニータを1番手に見たいです。

まあ、馬によっては蹄の形などが原因で濡れた馬場だと滑って全く力を発揮できないというパターンもあるので絶対とは言えませんが……。

 

迎え撃つ古馬勢で最も期待しているのはジェンティルドンナ。

 

もし明日、馬場が乾ききるほど晴れたとしたらイスラよりもジェンテイルの方に分があるかもしれません。

宝塚記念の大敗でやや人気を落としていますが、今年の春にドバイシーマクラシックという世界的な大レースを制しているのですから、まだまだ見限るには早いはず。

 

前走は遠征帰りの疲れもあったはずですし、阪神2200mはもともとあまり得意ではなかった条件。東京競馬場ならばやはりこの馬を無視できません。

 

そしてこちらも要警戒――と感じるのは、トライアルや夏競馬を戦い抜いてきた上がり馬たち。

 

秋の古馬G1戦線はステップレースを使わずこの天皇賞(秋)から始動するというのが最近のトレンドで、実際に何頭もの馬たちが結果を出していますが、やはり調子の面で言うと一叩きされている勢力の方が上なのでしょう。

 

なんだかんだ言って、毎年休み明けではない馬が最低一頭は上位に食い込んできています。

 

中でもマーティンボロの上昇度には眼をみはるものがあり、伏兵筆頭として要マーク。

 

というわけで、個人的な注目馬は

・イスラボニータ

・ジェンティルドンナ

・マーティンボロ

 

この三頭。

 

正直他にもまだまだ気になる馬が多くて目移りしてしまいますが、あまり推しすぎてもごちゃごちゃしますし、このブログでは『常に3頭ピックアップ』という方式をひとまず採用してみようかなと。

 

なんにせよ、好レースになるのは間違いないでしょう。

記念すべき15時40分を、楽しみに待ちたいと思います。

スポンサーリンク

関連記事

20150228

中山競馬場に足を運び、70歳で定年を迎え本日が最後の務めとなる大久保洋吉調教師の仕事を見届けて来まし

記事を読む

北の大地の種牡馬たち

水面下でいろいろやってたお仕事、とりわけだいぶ気を張り詰めなきゃいけなかったモノモノがいろいろ区切り

記事を読む

第75回菊花賞は、ワンアンドオンリーの2冠濃厚と見ています。

ブログリニューアルしてからはじめてのG1シーズンを迎えたので、競馬についてもちょこちょこエントリ立て

記事を読む

競馬お休み

ちょいと仕事が詰まり加減でまともに出馬表も見られないのでマイルCSはお休みです。 JCもお休み

記事を読む

今、語り伝えたいたった一つのこと

それは、高倍率の望遠レンズは神社仏閣の写真撮影にあまり向いていないということだ。 伏見稲荷

記事を読む

no image

98キングヘイロー派だけどぼくは心が広いから、『最強』の称号は余所のおうちに引き継がせてあげるよ。モーリスお疲れ様

そういえばモーリスの引退式で撮った写真が手元にあるんですよ。 冷静に時系列を振り返ると『あって

記事を読む

東京大賞典2017

大掃除しながらのんびり観戦。 パドックで目を惹いたのはサウンドトゥルーとインカンテーション。

記事を読む

ロウきゅーぶ!関連告知まとめ(とNHKMC

過去最大級の苦悩を乗り越えw、なんとかロウきゅーぶ!15巻7月10日にリリースできそうです! &n

記事を読む

EVERLASTING

本日、2017年中央競馬最終日。 やはり例年以上に『終わった』感はない。でも別に良いと思う。

記事を読む

皐月賞2015

桜花の次は牡馬クラシック第一弾、皐月賞。 先週が印象深い逃走劇だっただけに、今回も単騎逃げが見

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

広告

日報10・雨に上れば

わけあって上京。   途中、守谷SAにて2500

日報9・連番式にしておけばサボってもバレない

わけはない。   いやー日記続きませんね。

日報8・陽はまたのぼり繰り返していく

とても大切な日の後に、全く種類の違う大切に出会ってしまうような人生の巡

日報7・簡単には書けないこともある

昨日の話はまた改めて。   悲しまずに別れられる

日報6・哀愁なら、2月4日に置いてきた

今日も今日とて原稿と格闘。   あまり明日を意識

→もっと見る

PAGE TOP ↑