*

第75回菊花賞は、ワンアンドオンリーの2冠濃厚と見ています。

公開日: : 競馬

ブログリニューアルしてからはじめてのG1シーズンを迎えたので、競馬についてもちょこちょこエントリ立ててみようかなと思います。

(スプリンターズSからやればよかった……)

 

とはいえ僕の『予想』が当たらないのはあちこちでバレてしまってるのでw、あくまで注目馬とか、個人的な見どころを紹介するレベルで。

さて、明日10月26日(日)は3歳牡馬クラシックの最終戦、菊花賞が行われますね。

 

ここは実質、ダービー馬ワンアンドオンリーの一強じゃないかなーと思っています。

 

ダービーと菊の2冠が出にくいジンクスとか、距離不安とか、いろいろ囁かれておりますが横の比較でこの馬を負かせそうなタイプがちょっと見つけられません。

仮にワンアンドオンリーが3000m適性微妙でも、じゃあ他の馬は3000mになって条件良化するか? と考えると、僕としてはやや疑問かなと。

 

結局能力順、ワンアンドオンリーとの序列はレース特性で逆転しないのではと見ています。

 

そんな中で唯一可能性を感じるのはゴールドアクターでしょうか。

この馬、戦績からしてベッタベタですが、(笑)。実際今回の出走馬では図抜けて、『距離長い方がよさそう』と思える馬体をしています。

 

スタミナを活かして前々で粘り混めば、一発逆転も夢ではないかも。

 

ちょっと『いかにも』すぎて逆に罠なんじゃと疑う気持ちもありますが、菊花賞はわりと来ちゃうんですよ、こういういかにも罠っぽいのがほんとにw

 

あと、個人的に夢を見たいのはショウナンラグーンですね~。

 

この馬を管理する名伯楽、大久保洋吉調教師も御年70歳。

規定により来年の定年引退が決まっており、この菊花賞がラストクラシックレースとなります。

 

かつて師が管理した名馬、メジロドーベルを祖母に持つこの馬で戴冠を為し得たなら……。

 

想像しただけでうるっときちゃいますね(´;ω;`)

 

 

というわけで、75回菊花賞。

個人的な注目馬は、

・ワンアンドオンリー

・ゴールドアクター

・ショウナンラグーン

 

この三頭です!

 

 

スポンサーリンク

関連記事

2015日本ダービー!!

他にもいろいろ書こうと思ってたネタがあるんですが、とうとう明日に世代最強を決める祭典が迫ってしまいま

記事を読む

no image

98キングヘイロー派だけどぼくは心が広いから、『最強』の称号は余所のおうちに引き継がせてあげるよ。モーリスお疲れ様

そういえばモーリスの引退式で撮った写真が手元にあるんですよ。 冷静に時系列を振り返ると『あって

記事を読む

女王と鞭の親和性

エリザベス女王杯ですが諸事情により簡易更新で。 ちょっと忙しくて文章にまとめる時間が……。

記事を読む

ロウきゅーぶ!関連告知まとめ(とNHKMC

過去最大級の苦悩を乗り越えw、なんとかロウきゅーぶ!15巻7月10日にリリースできそうです! &n

記事を読む

北の大地の種牡馬たち

水面下でいろいろやってたお仕事、とりわけだいぶ気を張り詰めなきゃいけなかったモノモノがいろいろ区切り

記事を読む

聖夜にも砂は舞う

クリスマスイブである。 皆様におかれてはいかがお過ごしだろうか。  

記事を読む

第66回朝日杯FS〜SS第二世代御三家の激突〜

明日は2歳牡馬のマイル頂上決定戦、朝日杯FS。   競馬場を中山から阪神に移し

記事を読む

皐月賞2015

桜花の次は牡馬クラシック第一弾、皐月賞。 先週が印象深い逃走劇だっただけに、今回も単騎逃げが見

記事を読む

東京大賞典2017

大掃除しながらのんびり観戦。 パドックで目を惹いたのはサウンドトゥルーとインカンテーション。

記事を読む

EVERLASTING

本日、2017年中央競馬最終日。 やはり例年以上に『終わった』感はない。でも別に良いと思う。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

広告

明日のオフ会イベントに関しまして

9/7ゴスロリ卓球発売記念で企画いたしましたオフ会イベント、お陰様で予

新作『ゴスロリ卓球』9月7日発売&当日オフ会イベントのお知らせ

ブログでは大変ご無沙汰しています。もう何度目やねん。 心を入れ替

日報10・雨に上れば

わけあって上京。   途中、守谷SAにて2500

日報9・連番式にしておけばサボってもバレない

わけはない。   いやー日記続きませんね。

日報8・陽はまたのぼり繰り返していく

とても大切な日の後に、全く種類の違う大切に出会ってしまうような人生の巡

→もっと見る

PAGE TOP ↑