*

VOCALOID kokone(心響)さんを我が家にお迎えしたので、最初に使ったIA(IA_ROCKS)さんとの比較感想というか、軽いレビューというか。

公開日: : DTM/DAW, 天使の3P!


一目瞭然ではありますが、新曲『スタートライン!』は使用VOCALOIDがIA_ROCKSからkokone(心響)に変わっています。

 

当初はこの曲もIAで組んでたんですが、ほんの少しだけイメージとのズレを感じたので(良し悪しではなくあくまで好みの問題)、他のVOCALOIDを検索してみた結果、kokoneさんのデモが図抜けて『これや!』感がありました次第でして。

 

ていうか、もう名前の時点でこの子ですよね。

 

——心響。

 

うん、天使の3P!楽曲のカバーをお願いするならこの方だろうっていう。

 

なんて、それも間違いなく本音ではあるんですが、kokoneさん最大の特徴は音程が超高音域に突入(F4くらいからだったかな?)すると声が裏返ってファルセットっぽい、ミックスボイスっぽい感じになるところでして、この要素がスタートライン!という曲にぜひ欲しいと思ったのもまた、採用の大きな理由です。

 

ちなみにスタートライン!の最高音はG4なんですが(我ながら高い……)、IAさんも問題なくこの音は出せます。

ただし、あまりにも『問題がなさ過ぎる』のがちょっと気になった要素でした。

 

なんというか、もう少し無理矢理捻り出してるニュアンスがないと、感情の高まりというか「小学生の女の子ががんばってます!」、という雰囲気()を表現しきれないのかな、と。

 

御託を並べるより実際聴いてもらった方が早いでしょう。

以下、スタートライン!の出だしを無調整ベタ打ちのままアカペラで歌ってもらったファイルを上げておきますので、ご興味ある方はご参考までに聞き比べてみて下さいませ。

IAさんだとこんな感じ。余裕綽々ですね。

ただこの余裕綽々感が、ロック、ポップスよりもむしろ合唱に近いニュアンスを感じてしまって、どうもしっくりこなかった。

とはいえ今回比べる3タイプの中で一番デフォルトの滑舌やピッチが良いのはこの声だと思います。

ここから調声で色を加えていくと万能に使えるボカロなのかな、というイメージ。

続いてIA_ROCKSさん。

ROCKの名がある通り、IAよりもバイタリティに溢れている感じがします。

ただちょっと年齢層としてはIAよりさらに上なんですよね。あえて誤解を恐れずに言えば良くも悪くも若さ、幼さを感じるお声ではないw

熟練の名ボーカリスト感があるといいますか。この辺はほんと好みでしょう。

とはいえ調整次第でわりと年齢下げることも可能ではあります。

前作『月へ駆け上がれ』がこんな感じでした。

今聴くとまたMIXとかエフェクトを修正したくてしかたなくなるんですが(笑)、声の感じがデフォルトより若くなっているのは伝わるかな〜と。

(なおこの辺の調声はボカロのエディタではなくEQとかコンプ等外部FXで処理している要素の方が多いです)

で、今回抜擢のkokoneさん調整前。

 

はっきり申しまして、無調声前提だとちょっとキツいです。いかにも機械っぽい。

それでもあえて、彼女の声質にワンアンドオンリーな輝きを感じたからこそ、頑張って磨いてみることにしました。

やっぱりね、この最高音を無理矢理出してる感じがグッと来るんですよ 。

 

特にロックは8割の力で完璧に歌えるボーカルじゃアカン、というのが持論なんです(笑)

もう、100%ギリギリ——もしくは限界突破の域まで到達してる声じゃないと心の一番深いところまで届かない。(あくまで個人的な趣味趣向です)

 

そういう意味で、kokone(心響)さんには他のボカロらしからぬ、『無理してるからこそのエモーション』みたいなものを感じさせられました。

このkokoneボイスを自分なりに調声してみた結果はスタートライン!本動画の方でご確認下さい。

まだ至らぬ点が多いですが、『結構変わってる』というのは伝わるんじゃないかな〜と。

 

ちなみに現状僕がボカロエディタ上で弄ってるのはDYNと子音強調(例えば発音記号が(T e )だったら(T T e)にする。kokoneはこの『子音強調』が効果覿面です。手間もかからないのでここは真っ先にに変えてみるポイントかと)だけ。

あとはCubaseのVari Audioで音程を少し調整して、最後にエフェクトで整える感じ。

 

この辺は需要あればまた別記事で書きましょう。

でも調声としてはあんまり頑張ってない方だと思うのであえて僕が御託を並べる必要があるのかどうか……w

 

というわけで軽くIAとkokoneを比べてみました。

何かの参考になれば幸いです。

 

ところでお前ミクさんは? という疑問が生まれるかもなので予め答えておきますと、ミクさんも持ってますよ! ただしV2時代にお迎えしてそのままPCの肥やしににしてしまったので(ありがち)、まずはV3にアップデートしないことには……という感じなのでした。

 

実のところ、次のUP曲はとある理由によりミクさんにしようかな、という気持ちが強いです。

予定している『次』の順番が変わらなければかなりの確率でミクさんじゃないかなあ(V3買わんと……)。

 

ころころ声変えない方が良いのか? という疑問も浮かべつつ、その一方であんまボカロ側の声質を固定する必要もないかな、という気もしてて(ボカロバージョンはあくまでカバーという意味合いを保つためにも)、その辺はまあまたおいおい考えていこうかなと。

 

スポンサーリンク

関連記事

秋田の田舎少年だった蒼山氏がいかにしてバンド熱をこじらせ、そこからどう道を間違えて『天使の3P!』を書くに至ったのか、という話(中編)

・前編(1回目)はこちら ・後編(3回目)はこちら   年が明け、中三の

記事を読む

Believe In…Myself

2月4日から今日まで、何度も文字をしたためようとして何度も挫折し続けてきました。  

記事を読む

初音ミクさんお迎え。

  ようやく我が家にもミクさんV3が。   V2時代は

記事を読む

ロウきゅーぶ!15巻発売間近!

  15冊目のロウきゅーぶ!、見本誌が我が家に届きました。 やっとこの

記事を読む

天国のアウフグース

先週は所用で西へ。   空から綺麗に富士山が見えて縁起よし。 &

記事を読む

天使の3P!コミック版11/10発売&原作Kindle版販売開始!

少し遅くなりましたが原作1~3巻のKindle版販売が無事始まっております!  

記事を読む

秋田の田舎少年だった蒼山氏がいかにしてバンド熱をこじらせ、そこからどう道を間違えて『天使の3P!』を書くに至ったのか、という話(前編)

・中編(2回目)はこちら ・後編(3回目)はこちら   別に今年新成人を

記事を読む

天使の3P!ユニットプロジェクト始動&ドラマCD化発表!

電撃文庫秋の祭典、天気にも恵まれ今年も素敵なイベントになりましたね!   その

記事を読む

【DAW/DTMよもやま】ギター、ベース、ドラムという小構成で曲を録る際、ミックスの勉強になったCD5枚(後半)

前回からの続きです。   【ニコニコ動画】【天使の3P!】月へ駆け上がれ VO

記事を読む

天使の3P!×4登場曲『スタートライン!』を公開しました。

【ニコニコ動画】【天使の3P!】スタートライン!- VOCALOID kokone(心響)Versi

記事を読む

Comment

  1. かむろ より:

    なんというかさすが蒼山先生、すげーこだわり様ですね。いっそ小学生を雇えば…色々問題ありか。
    正直、3P!は音楽を題材にされているだけあり音楽があった方がイメージしやすいのでぜひ次があってほしいです。

    • sagchicken26 より:

      ありがとうございます!
      小学生は……いろいろ壁と問題が!w

      また曲UPしたいと思いますので聴いて頂けたら本当に嬉しいです!

  2. ゆるし より:

    確かにキーボードは簡単なデジタルシンセや変わったアナログシンセ、果てはステージキーボードなんてものもあるぐらい豊富ですしそれに某軽音アニメのキーボードも10kgを超えているらしいです。今回くるみちゃんが持っていたという部分もありましたし重量面でも考えないといけませんね(バカ力設定があるなら別ですがww)
    因みに日本で有名なキーボードの会社は値段に比例して性能が上がりますw
    あまりキーボードはギターのように調べたがるものじゃないですし相談に乗れる人も少なそうなので難しいでしょうが気長に待っております!w
    天使の3P!は毎回楽しく読ませていただいてるので微力ながら文字だけでも応援させていただきます!これからも頑張って下さい!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

広告

Baby’s place

井上雄貴さんへ、もう一度。 アニメの中でもバンド活動でも、三人の頑張

Believe In…Myself

2月4日から今日まで、何度も文字をしたためようとして何度も挫折し続けて

ツッコミ。

最近なのですが妙に対人戦でツッコんでいて。  

天国のアウフグース

先週は所用で西へ。   空から綺麗に富士

EP8

本日川崎競馬4Rに一口出資馬ノートゥルレーヴが出走。見事勝利。

→もっと見る

PAGE TOP ↑